アートメイクの特徴


アートメイクとタトゥーとの違いがわからないという方も多くおられますが、使用する機器や色素等も異なりますが、根本的に全く異なる施術となります。タトゥーは一度色を入れてしまうと、色褪せない為に、一生ほぼそのままの状態で色が残りますが、アートメイクの場合には一度色を入れただけでは定着せず徐々に色が抜け数年で薄くなります。タトゥーとアートメイクの色の入り方の差は、その施術を行う皮膚の深さに起因しています。

皮膚には、表面を含む表皮と、その下層部にあたる真皮の層があります。タトゥーの場合は、下層部である真皮部分に色を入れますが、アートメイクでは表皮に近い部分に色を入れます。皮膚は新陳代謝を繰り返し、角質が剥がれてしまう為、アートメイクで入れた色は徐々に色褪せるという訳です。一般的に、アートメイクをする際には、色を定着させる為に、一定期間をあけて、数回に分けて色を入れる方法をとることも多いようです。

アートメイクは専用の針を用い、お化粧をするよりもナチュラルに美しく仕上げることを目指して施術を行います。タトゥーの施術のような痛みもありませんので、気軽に受けることができ、今後ますます利用者が増えると考えられます。